その他,  ミラノ

ある映画のワンシーン

写真を整理していたら・・・

 

 

この写真を見て、「アッ この場所は」と思った方は何度も映画を見たかたなのかなと。

数多くあるイタリア映画の中で、2001年に公開された「冷静と情熱のあいだ」を見て、イタリアへ、
そしてミラノやフィレンツェに行きたいと思った方が多かったとの話を聞いたことがあります。

映画のラストに近い90分過ぎのシーン。アオイさんがミラノで働いている宝石店に、
マーヴさんがロス行きのチケットを置いていき、ちょっど入れ違いで出社したアオイさんが
彼の後を追って話をするシーンがこの場所でした。

私はこの撮影が行われた場所付近には、当時あまり行ったことがなっかたですが、路面電車の番号と広場の雰囲気ですぐにこの場所はこの辺だとわかりました。
そして映画をもう1度見てこの場所を訪れ写真を撮ってみました。

残念ながら今はこの宝石店は無くなってしまいましたが。

住んでいた街が撮影に使われたり、テレビで知っている場所の場面が映るときとてもワクワクします。

またミラノに行きたくなりました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です